ホームページ > よくあるご質問 > 重曹の用途 >

りんご酢と重曹を正しく使うには?

りんご酢と重曹を正しく使うには?
更新時間:2017-07-14

りんご酢と重曹を正しく使うには?

りんご酢(ACV)と重曹を誤用する可能性があります。まず、重曹のpHバランスが9で、それを単独または水で使用すると、最後に脱水(ACVですすいでも)によって髪の毛が脆くなります。ACV単独では、髪の毛のpHバランスを回復させ、より輝いているようで、健康になり、髪の毛をよりかっこよくさせます。また、ACVは抗真菌剤であり、芳香油、チャノキ油、ローズマリーなどの他の抗真菌剤と混ぜ合わすことで、乾燥や真菌・カビの成長を怖くなくなり、それらを防ぐことができます。そしてACVと重曹を使用した時に剥がされた天然油を同時に追加します。)。ベーキングソーダは、髪の毛のpHバランスを調整するのにも役立ちますが、ACV(水ではない)などの他の成分でのみ調節します。これは私が髪の毛全体に塗布する前にこの4つを混ぜ合わせる理由です(3分の1のACV、2/3のお湯、大さじ2杯の重曹、追加したいエッセンシャルオイルをそれぞれ数滴(私はティーツリーとローズマリーを使用します)。その欠点といえば、ACVのわずかな酸性pHバランスのために、それを頻繁に(1週間に1回以上)使用すると悪い影響を及ぼすことです。その効果を保持するのにも役立つので、1週間~2週間ごとに髪の毛を洗うのです。また、髪をあまりにも頻繁に洗うと髪の毛が乾燥し、ドレッドヘアが緩んでしまいます。